2023.11.06

デジタルサイネージをあえて隠す?斬新な方法でかつてないインパクトに!JR名古屋駅新幹線口に「ゴジラビジョン」襲来!

  • CLIENT

    東宝株式会社

  • AREA

    名古屋 名古屋駅

  • CASE

    大型デジタルサイネージ クリエイティブ

株式会社ジェイアール東海エージェンシー(代表:厚地純夫)は、映画『ゴジラ‐1.0』の公開に合わせてJR名古屋駅での特別展開を実施。名古屋エクスプレスビジョン史上初となる全面装飾広告展開が決定!ここでしか見ることのできない「ゴジラ時報」を放映。

ゴジラビジョン襲来!


JR名古屋駅の銀時計前にある名古屋エクスプレスビジョンが、1週間限定で『ゴジラ-1.0』特別仕様となる「ゴジラビジョン」に変貌。

♦デジタルサイネージをあえて隠す?斬新な方法でかつてないインパクトに

デジタルサイネージのディスプレイ上にシートを貼り、さらにはディスプレイ前の床面にもシートを掲出。全長約5.5m全幅約8mの巨大な装飾で、見ずにはいられないようなインパクトのある展開。また、ビジョン右側に配置されたゴジラは、口元と背びれが青白く光る特別仕様となり、今にも咆哮が聞こえてきそうな迫力ある姿になっている。

♦ゴジラが「17時(ごじ)」をお知らせ!?

ビジョン左側では、このために編集された特別な映像が放映されつつ、さらに!毎日17時(ごじ)が近づくと、ここでしか見られない「ゴジラ時報」が放映。ゴジラの近さや怖さ・迫力をより感じられる、まさにゴジラ“最恐”ビジョンとなっています!

概要

ゴジラビジョン

場 所:JR名古屋駅 名古屋エクスプレスビジョン(銀時計近く)

期 間:2023年11月6日(月)~2023年11月12日(日)まで

※ビジョンをご覧になられる際は、駅利用者の通行の妨げにならないようご配慮をお願い致します。

名古屋エクスプレスビジョン

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000078651.html

既存の形状にとらわれず、自由な発想でOOHメディアを活用した良事例です。

【参考類似事例】 逆張りの発想…‼小さすぎるmineo広告が交通広告グランプリ2023を受賞

RELATED MEDIA